「日本トマティス」は、トマティスメソッドによる聴覚トレーニングで、脳や神経回路を鍛えてコミュニケーション力アップのお手伝いをさせて頂いております。

トマティスとは

  • HOME »
  • トマティスとは

tomatis_logoトマティスメソッドはフランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士(1920-2001年)が1947年から開発、研究を重ね、完成させた聴覚、心理、発声改善法です。

 

 

What’s TOMATIS?

アルフレッドトマティス博士アルフレッド・トマティス博士

1920年、フランス、ニース生まれ。父親はフランスの著名なオペラ歌手。
パリ大学医学部卒業・耳鼻咽喉科博士号取得。

1940年後半より、歌手の発声障害の治療に当たり、聴覚と発声の関連を研究。
1947年に、「人間の声には、聞き取れない音は含まれない]という法則を見つけ、
この理論は、1957年に、「トマティス効果」としてフランスの科学アカデミーと国立医学アカデミーに登録されています。

博士はこの3つの法則に基づいて、聴覚、心理、音声の学問を一体とした、聴覚・心理・発声の改善を行うトマティスメソッドを確立し、幼児から高齢者まで、聴覚に起因する障害をケアするトレーニング機器「電子耳」を開発しました。この電子耳はフランスの内外の科学研究分野で数々の賞を得ています。

さらに、博士は、胎児の聴覚、胎内のコミュニケーションを世界に先駆けて解明し、ドイツ、南アフリカ、カナダの大学で、コミュニケーション、自閉症、吃音等のの研究を行いました。

また、モーツアルトとグレゴリオ聖歌の持つ音楽療法の効果をいち早く検証したのも、トマティス博士で、近年のモーツアルトブームの火付け役となっています。
日本には、1933年、1994年に来日講演を行いました。

2001年、フランス・カルカッソンヌにて没。

トマティス博士の三原則

トマティス博士は下記の三原則を機軸に、聴き取りの状態をみる独自の“リスニングチェック”方法とトレーニング機器を完成させて、トマティス聴覚改善トレーニング手法を確立しました。

第1法則

耳で聴き取れない音は発音できない。

第2法則

聴覚の改善により発声にも変化が現れる。

第3法則

聴覚の改善後、発声の改善も定着させる事ができる。

聴覚について

「きく」という行為には「聞く」と「聴く」の二通りがあります。

例えば学校で、先生の話が“聞こえている”だけの状態の子どもたちがいる一方で、一生懸命“聴き取ろうとしている”子どもたちもいます。

この二様の状態が「聞く」と「聴く」の違いで、英語でも「hear」と「listen to」で区別しています。

視覚においても、単に「見えている(see)」ということと、しっかり「見る(look at)」ということが違うように、「聴く(listen to)」や「見る(look at)」には「聞こえている(hear)」や「見えている(see)」 の状態にはない、見よう、聴こうという意思・意欲が入っており、このとき、目であれば文様筋が、耳であれば中耳の部分にある小さな筋肉(アブミ骨筋など)が作動しているのです。

人は、見たい物があれば目の焦点を合わせるように、コミュニケーションをしたいという意欲があれば、自然に耳を傾け、メッセージを正しくとらえようとします。

そしてその時、耳の中では、鼓膜、中耳、内耳が以下のような役割分担をしています。

1 鼓膜 音のレンズ 音を捉える

2 中耳 音の調整 鼓膜張筋とアブミ骨筋が調整しあって耳小骨を動 かし聴き取りに必要な周 波 数帯にフォーカスする。

3 内耳 音声スペクトル 周波数毎に音を分析し、聴覚野に音の情報 を電気的信号に変えて送る。

このように「聴く」ということは耳のそれぞれのパーツがきちんと働いて、体の中に 音 を取り込むということなのです。

トマティスメソッドの聴覚トレーニングは、高周波帯の音や骨導を通しての音など、様々な音で耳の中にある小さな筋肉や聴覚器官を刺激することによって耳の機能を調整し、「聴く」能力をアップさせます。

聴覚と発声の3原理

第1法則

「人間の声には耳で聞いたものしか含まれない」というフランス人耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティスが唱えた学説は、音声心理学者Raoul Hussonによってソルボンヌ大学心理学実験室で確認され、1957年3月にフランス科学アカデミーで「トマティス効果」として、同年6月にパリ国立医学アカデミーで「聴覚を起源とする発声の変化と生理学的臨床的適用例」として報告されています。

第2法則

「耳で聞いた音しか発声できない」とする第1法則の確認の後、「損なわれていた周波数を正しく聞き取れるようになると、その周波数は、発声の際に瞬間的、無意識的に再生される」という第2法則が導かれました。Hussonは1957年6月のパリ国立医学アカデミーの報告の中で、この第2法則を「トマティス効果の生理学的、生理病理学的帰結」としています。

第3法則

「残留の法則」とされるこの第3法則は、「聴覚刺激をある一定の期間与えると、残留現象により被験者の自己聴取の姿勢が変わり、結果的に発声が変わる」。ということを伝えています。

耳は、中耳の鼓膜張筋とアブミ骨筋を使って音の強さを調節し、聴覚に連動して第7神経系統がアブミ骨筋とともに、唇の周囲の口輪筋や前方開口の2表情筋を制御し、第5神経系統が鼓膜張筋とともに、口を横に引っ張る咬筋を制限して発声に影響を与えています。

トマティス博士はこれらの法則を機軸に、聴き取りの状態をみる独自の“リスニングチェック”方法とトレーニング機器を完成させて、トマティス聴覚改善トレーニング手法を確立しました。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-5524-7375 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ

   JAPAN TOMATIS


日本トマティス

 
「日本トマティス」は、トマティスメソッドによる聴覚トレーニングで、脳や神経回路を鍛えてコミュニケーション力アップのお手伝いをさせて頂いております。


  • facebook
  • twitter
Copyright © 日本トマティス JAPAN TOMATIS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.